飼い主が知っておくべき法律

犬を飼育する事には様々な責任が伴い、そのための法律も設けられています。飼い主になるならば、最低限の法律を知っておく必要があるでしょう。


畜犬登録と狂犬病予防注射接種

犬を飼い始めたならば、飼い始めてから30日以内に犬の登録をすることが義務付けられています。これは「狂犬病予防法」という法律によって義務付けられている事です。ちなみに、生後90日以内の犬を飼い始めた場合は特別で、生後90日を経過してから30日以内に登録をする必要があります。
 犬の登録は一生のうちに一度だけ行えばよく、管轄の保健所で申請を行います。
 
 恐ろしい病気である狂犬病を予防する注射も、法律で義務化されています。狂犬病は人間にも感染する病気であり、もし狂犬病に感染する犬にかまれたならばほぼ100%感染し、ほぼ100%死に至ります。
 畜犬登録をしていれば、毎年4月から6月に狂犬病予防注射接種を行います。事前に通知書が送付され、集団予防接種が行われる日時と会場を知らせてくれます。もし都合が合わない場合にも、動物病院で予防接種を受けることができます。

 最近では、子犬のときに狂犬病の予防接種を動物病院で受けると、登録申請を代行してくれる病院も増えているので、上手く活用すると良いでしょう。
 登録を行うと鑑札と注射済票をもらいますが、これは必ずつけなければなりません(予防注射は比較的徹底していますが、鑑札と注射済票をつけている犬は余り見かけませんが・・・)。
 畜犬登録と狂犬病予防注射接種の義務を怠ると、狂犬病予防法に違反することになり、20万円以下の罰金刑に処せられます。


動物愛護に関する法律

犬に関する法律の中には、「動物の愛護及び管理に関する法律」というものも定められています。これは犬が幸せに暮らす事ができるように、飼い主の責務として定められているものです。ポイントをまとめてみましょう。

・犬の習性等に応じて適性に飼養し、健康と安全を守るように勤めること
  →簡単に言えばちゃんと育てなさいという事です。

・飼い犬が人の生命・身体・財産などに害を加えたり、生活環境の保全上の支障を生じさせ、または人に迷惑をおよぼすことにないよう努めること
  →これを守るためには、きちんとしたしつけをすることが大切ですね。

・愛護動物に対し、みだりに給餌若しくは給水をやめ酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させる等の虐待を行うこと
  →これは犬以外の動物に対しても禁止されており、このような虐待を行った場合には100万円以下の罰金刑に処せられます。

・愛護動物をみだりに殺したり傷つけること
  →近年、動物の死骸が不法投棄されたことがありましたが、処分に困った動物の殺処分を行ったものと思われます。これに違反下場合には2年以下の懲役または200万円以下の罰金刑に処せられます。

・愛護動物を遺棄すること
  →子犬がたくさん産まれて処理に困ったからといって「優しい方拾ってあげてください」などとして捨てることは禁止されています。違反した場合には100万円以下の罰金刑に処せられます。


都道府県の条例

各都道府県においても、飼い主が守るべき条例が制定されています。たとえば東京では、以下のような条例が定められています。

・外出時は必ずリードをつけること
  →いくらしつけをしているからといっても、リードなしでの散歩は条例違反です。違反した場合には拘留若しくは1,000円以上1万円未満の罰金刑に処せられます。

・飼い犬を適正にコントロールして人に危害を加えないようにすること
  →万が一噛み付いてしまったならば、飼い主は24時間以内に保健所に届け、48時間以内に狂犬病の疑いがあるかどうか、獣医師の診断を受けさせる必要があります。もし違反した場合には、保健所に届け出なかった場合には拘留又は罰金、獣医師に検診を受けなかった場合には50,000円以下の罰金となります。

・排泄物の処理をすること
  →散歩の途中などに排泄物を処理せずに放置することは、条例違反である他にも軽犯罪法違反にも該当し、拘留や科料に処せられる事になります。

この記事が気に入ったらシェアしてね!
78人がみんなの犬事典について「いいね!」と言っています。
橋詰 まさとし
Hiroshi  Hamada
西中 孝
川崎 裕紀
竹田瑛里
Kyoko Kobayashi
高橋麻美
鴨井 美佐子
川延 彩乃
平岡阿希子
白鳥 創
木村 賢
Nobuyuki Mori