去勢、避妊のメリット

犬に去勢や避妊をすることは、どのようなメリットがあるのでしょうか。去勢や避妊についてのメリットを見ていく事にしましょう。


去勢・避妊手術のメリット

1、子どもが生まれなくなる
 子どもが生まれて養いきれないときには、人にあげたり、なんらかの方法で手放す事になります。そのことは、時に恵まれない犬を生み出すことにもなります。

2、病気の予防になる
 手術を行った時期によって予防効果はありますが、現在分かっているのは以下の病気に対する予防効果です。
・去勢手術→精巣腫瘍、前立腺肥大、肛門周囲腺腫など(精巣ホルモンの働きが関係する病気の発症率が低下する)
・避妊手術→子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など(性ホルモンの働きによって起こる病気の発症率が低下する)

3、性格が落ち着く
 手術によって、乱暴な性格の犬でも攻撃性が下がることが分かっています。

 去勢・避妊手術を行う第一の理由は、やはり子どもが生まれてくるのを防ぐ事にあります。しかし、特定の病気を予防したり、性格が落ち着くということを目的として手術を行うことも増えているようです。
 このような事ばかりを聞くと、去勢・避妊手術はした方がいいと思えますが、あくまで飼い主の判断で必要と感じた場合にのみ行いましょう。
 やはり手術というからには健康な犬の身体にメスを入れることになりますし、手術の際には全身麻酔をかける必要があり、そこから副作用も出てくることがあります。医療の進歩によって麻酔による副作用は着実に小さくなっているとはいえ、まだゼロではないので、これらのデメリットも踏まえた上で手術を考える必要があるでしょう。


手術の方法と時期

・去勢手術の場合
 最適とされている時期は生後半年~一年の間です。もっとも、この時期を過ぎてからも手術に適していないという事ではなく、あくまで最適の時期と捉えてください。犬の成長や体型も考慮に入れて行われるため、獣医と相談して決めるといいでしょう。
 方法は睾丸を取り除く手術を行います。全身麻酔を使用し、睾丸を切開して取り除きます。

・避妊手術
 生後半年くらいの時期にはまだ初めての発情期を迎えていませんが、この時期に避妊手術を行った場合には乳腺腫瘍の発症率は0.05%程度に過ぎません。しかし、発情期を迎えた後に手術を行ったときには、乳腺腫瘍の発症率が10%前後に上がります。つまり、もし避妊手術を行うならば発情期を迎えていない、早い段階で行うのが良いという事が出来ます。
 避妊手術も去勢手術と同様に、犬の成長や体型をふまえ、獣医と相談して決めるようにしましょう。
 手術の方法には、卵巣だけを取り除く方法と、卵巣と子宮の両方を取り除く方法とがあります。病院によって異なりますが、多くの病院では卵巣と子宮の両方を取り除く手術が行われています。


手術費用と補助

去勢・避妊手術の費用は、病院によって異なり、犬の大きさによっても異なります。去勢手術は大体20,000~30,000円程度であり、避妊手術は大体30,000~50,000円程度が相場です。病院によって異なるため、事前に動物病院に連絡して確認を取るといいでしょう。
 また、自治体によっては去勢・避妊手術を行うと補助金を出してくれる事もあります。補助金を受け取るための手続きは自治体ごとに全く違い、補助金の金額も全く違います。そもそも補助を出しているかどうかということもあるので、まずは自治体のホームページで確認するといいでしょう。
 補助金の金額は2,000~10,000円と、自治体によって大きな差があります。

 また、ペット保険のサービス内容によっては、病気の治療としての去勢・避妊手術を行った場合には手術費の一部や全額を保障してくれる場合もあるので、利用可能ならば利用するといいでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしてね!
みんなのペット保険
77人がみんなの犬事典について「いいね!」と言っています。
川崎 裕紀
Nobuyuki Mori
白鳥 創
木村 賢
平岡阿希子
Kyoko Kobayashi
橋詰 まさとし
鴨井 美佐子
山上 恭子
高橋麻美
Hiroaki  Yokozawa
西中 孝
Masashi Sakai